腹 やせる

TOP

有酸素運動でダイエット

むくみ解消

ヨーグルトダイエット

ダンベル体操でダイエット

プチ断食ダイエット

血液型ダイエット

ガジュツでダイエット

コントレックスでダイエット

ピラティスでダイエット

太ももを細く

ボクササイズでダイエット

セルライト除去

バランスボールでダイエット

バーナックスでダイエット

スレンダートーンフィギュラ

ゼナドリンでダイエット

マヌカ蜂蜜でダイエット

ターボセルでダイエット

フィットネスサンダル

ギムネマでダイエット

ロデオボーイでダイエット



腹 やせる



キーワードは“楽チン”です。人の体の中で 横腹、下腹、は皮下脂肪が厚くつきやすい部位です。もちろん椅子に座ってもできるので、仕事で外出する機会がない方もオフィスの中で簡単にできます。上半身全体を上げようとすると、首や肩など余計な部分に意識が分散してしまい、腹筋トレーニングの効果が落ちる場合があるからです。肥満でのぽっこりお腹は、体脂肪の増加によるものですが、人間の体では体の特定の部分を狙って体脂肪を落とすことはできません。

反動をつけずにこれをゆっくり10回繰り返します。すぐに思い浮かぶのは腹筋だと思いますが、腹筋や内臓よりもさらに奥に位置している大腰筋という筋肉をきたえることも重要なんですよ。ポイントはこの時背中が反らない(背中まで上げようとしない)こと。そうするとキレイに痩せることはなく、むしろプロポーションが崩れてしまいますポッコリお腹の原因は脂肪ももちろんですが、筋肉のたるみも原因の一つです。普段の日常生活の中で、ふとした瞬間にちょっとやってみてください。

運動や食事管理によって、体全体の体脂肪が減り、それによって各部位の脂肪が落ちていくのです。そこで、運動をしてお腹回りを鍛える事が大切になってきます。引き締まったお腹まわりにするには、筋肉をきたえるのが早道。太ももとお腹がくっつくまで引き上げたら、ゆっくり戻します。なお、体のどの部分から脂肪が落ちていくかは個人差がありますので、ちょっと大変ですがウエストが引き締まるまで運動・食事管理を続けていく必要があります。

背中を少し丸めて、両手でふんばりながら、足を組んだまま胸の方にゆっくり引き上げます。しかしお腹の脂肪だけでなく、体全体の脂肪が落ちるので、体全体の脂肪が落ちてきます。最近話題の「メタボリック症候群」注意しましょ。十二指腸のある辺りはわき腹の少し上の辺り。さらに脂肪が蓄積されやすい順序は運動量が関係していて、運動量が少ない部分ほど脂肪がつきやすくなっています。


ボニックはこちら>>
1秒間に100万回の超高速・超音波振動!EMS機能搭載!(1800回のEMS刺激でスリムサポート)お腹を凹ますのにおすすめです。初回980円!
Copyright (C) 痩せすぎてゴメンネ! All Rights Reserved
inserted by FC2 system