ダンベル体操 ダイエット

TOP

有酸素運動でダイエット

むくみ解消

ヨーグルトダイエット

ダンベル体操でダイエット

プチ断食ダイエット

血液型ダイエット

ガジュツでダイエット

コントレックスでダイエット

ピラティスでダイエット

太ももを細く

ボクササイズでダイエット

セルライト除去

バランスボールでダイエット

バーナックスでダイエット

スレンダートーンフィギュラ

ゼナドリンでダイエット

マヌカ蜂蜜でダイエット

ターボセルでダイエット

フィットネスサンダル

ギムネマでダイエット

ロデオボーイでダイエット



ダンベル体操でダイエット



なぜダイエットにダンベル体操なの?
ダンベル体操(ダンベルエクササイズ)はダイエットに適しているとよく言われていますが、ダンベル体操自体の消費カロリーはあまり高くありません。たとえば、30分間の消費カロリーを比較すると、ダンベル体操で100〜150kcal、本格的な筋トレで230kcal、軽いジョギングで345kcal。

では、なぜダンベル体操がダイエットに適していると言われているのでしょう?答えは基礎代謝が握っています。

ダンベル体操で基礎代謝を上げろ!
基礎代謝とは、まったく運動していないときでも自然に消費されるエネルギーのことで、通常1日の総消費エネルギーのうちの約70%を占めています。筋肉には、白い繊維質の[白筋(速筋)]と赤い繊維質の[赤筋(遅筋)]、この2種類があります。

このため、同じ体重で、脂肪が少なく筋肉が多い人の方が、脂肪が多く筋肉が少ない人よりも基礎代謝は高くなります。では、基礎代謝を効果的に上げるには[白筋]と[赤筋]、どちらの筋肉を鍛えればよいのかと言えば、[赤筋]なのです。脂肪を除いた体の組織の中で、基礎代謝を最も消費するのが筋肉です。

ダンベル体操は、本格的な筋トレと違って無理のない運動なので、スポーツの経験が少なくてもスポーツが苦手でも、簡単に始めることができます。基礎代謝が低ければ、その逆です。このため、エネルギーを消費する、つまり脂肪を燃焼させる力が高いのです。

これに対して、後者は、体の内部に多く、有酸素運動(ウォーキングやマラソン,水泳などの)や低心拍トレーニング(太極拳やピラテス,パワーヨーガなど)など持続力が要求される運動で使用されます。基礎代謝は、一般的に、16〜18歳前後をピークに徐々に減少し、40歳を過ぎた頃に急激に減少します。


ボニックはこちら>>
1秒間に100万回の超高速・超音波振動!EMS機能搭載!(1800回のEMS刺激でスリムサポート)お腹を凹ますのにおすすめです。初回980円!
文章素材集 Copyright (C) 痩せすぎてゴメンネ! All Rights Reserved
inserted by FC2 system